ExcelVBA の VarType 関数を使用すると、変数のデータ種類を取得する事ができます。返される値は、 3 は長整数型、 8 は文字列型、 9 はオブジェクト型など定数で決まっているようです。