目次

当投稿について

当投稿は、 ExcelVBA カテゴリーの目次を 2022 年に刷新したものです。 ExcelVBA カテゴリーの投稿をオブジェクト別、プロパティ、メソッド別に再分類したので、少し見やすくなったのではないかと思います。動かない、間違っているマクロが含まれているかもしれませんが、マクロのサンプルをいくつか掲載していますのでマクロの一例としてご覧下さい。ここに掲載しているマクロよりも効率の良い処理方法、記述方法も多々あると思いますので一つの参考としてご覧ください。

以前の目次は以下のページをご覧ください。

目次まで戻る

ExcelVBA(マクロ)で出来ること

マウス、キーボードで繰り返し行っているエクセルの編集作業をワークブックに記録して再生、 ExcelVBA 言語の仕様で一からマクロを作成して再生など、やりたいことを組み合わせてエクセル操作を半自動化くらいまでできるようです。仕事にも役立ちそうです。

目次まで戻る

マクロの実行方法

キーボードショートカットの Alt + F8 、開発タブから実行の二通りの方法をよく使用すると思います。ワークシートにボタンを配置してマクロを登録しておけばワンクリックでマクロを実行することもできます。ワークブックを開いた時、アクティブなワークシートを切り替えた時などイベント発生時のマクロ実行も可能です。

目次まで戻る

マクロの新規作成・編集方法

エクセルの「開発」タブから 「Visual Basic Editor (略称 VBE )」をクリックすると、マクロの作成、編集画面を起動できます。キーボードショートカットの Alt + F11 でも起動可能です。 

目次まで戻る

変数

変数には、電卓のメモリー機能のように、一時的にデータを記憶しておけます。複数の値をメモリーしておくことができます。

目次まで戻る

データ型

変数に記憶しておくデータの種類を指定できます。データの種類は、数値、文字、セル範囲などがあります。

目次まで戻る

ステートメント

「Statement」の英語の意味をインターネットで調べてみますと「声明」と出てきました。条件分岐、繰り返し処理など、ステートメントはマクロの骨格になっているイメージです。

For ... Next ステートメント

1 〜 10 , 10 〜 1 など、カウントアップ、カウントダウンでループ処理できます。

For Each ... Next ステートメント

セル範囲の中のセル一つ一つをループ処理など、オブジェクトをループ処理できます。

Option Explicit ステートメント

変数の宣言を強制できます。変数の重複使用、変数宣言のし忘れを防止できます。

目次まで戻る

Application オブジェクト

Application.Intersect メソッド

Application.Selection プロパティ

Application.Union メソッド

目次まで戻る

Interior オブジェクト

Interior.ColorIndex プロパティ

目次まで戻る

Name オブジェクト

Name.RefersToRange プロパティ

目次まで戻る

Pane オブジェクト

Pane.VisibleRange プロパティ

目次まで戻る

Range オブジェクト

Range.Address プロパティ

Range.Column プロパティ

Range.CurrentRegion プロパティ

Range.End プロパティ

Range.EntireColumn プロパティ

Range.EntireRow プロパティ

Range.Range プロパティ

Range.Row プロパティ

目次まで戻る

Window オブジェクト

Window.VisibleRange プロパティ

目次まで戻る

Workbook オブジェクト

Workbook.Path プロパティ

目次まで戻る

Worksheet オブジェクト

Worksheet.Columns プロパティ

Worksheet.Rows プロパティ

Worksheet.UsedRange プロパティ

目次まで戻る

VBA 関数

Msgbox 関数

Split 関数

目次まで戻る

ワークシート関数

Transpose 関数

目次まで戻る

エラー

コンパイルエラー、実行時エラーなど、エラーが発生して何かができない時のマクロのサンプルです。

目次まで戻る

この投稿のタグ

同じカテゴリの投稿( 目次 )

Excel VBA 目次

1363 accesse

前後の投稿